心のお悩み

【産後うつの原因と対策】うつになるママの特徴は?キーパーソンは旦那さん!

投稿日:

出産後に気分が落ち込んでしまったり、やたらとイライラすると思えば急に落ち込んだりしていませんか?

 

心理学的な研究で、産後のママさんは抑うつ状態になりやすいことがわかっています。

 

10ヶ月お腹の中にいた赤ちゃんと対面し喜んでいるママは、誰の目にも幸せそうに見えますが、妊娠期から出産後しばらくは母親の精神的な健康の問題が出やすい時期と判明しています。

 

もし現在、ママさんが出産前よりも性格が変わってしまったと感じたり、落ち込むことが多いと感じたらそれは抑うつ状態かもしれません。

 

それでは、まず出産後のママさんが抑うつ状態になるメカニズムを一緒に考えたいと思います。

 

抑うつ状態はうつ病なの?

産後うつ 原因

 

後のうつ病と産後の抑うつ状態は区別して考えることが必要です。

 

名前が似ているので同じものだと混同してしまいがちですが、「産後うつ病」「産後抑うつ状態」では少し意味合いが違います。

 

産後うつ病とは

産後うつ病は、出産してから数週間、または数ヶ月以内に次のような状態になります。

 

  • 抑うつ気分(気分が落ち込む)
  • 気力の減退(元気が出ない)
  • 希死念慮(理由も無いのに死を願う)
  • 食欲の異常(食べ過ぎ、食欲がない)
  • 睡眠の異常(眠れない、寝過ぎる)

 

これらの症状に自責感を伴うことが特徴とされています。自責感とは自分を必要以上に責めてしまうことですね…。

 

この産後うつ病は精神医学上の立派な病気として扱われ、出産した母親の約10%は産後うつ病になるので大きな社会問題になっています。

 

産後抑うつ状態とは

産後抑うつ状態も出産して数週間から数ヶ月以内に、抑うつ状態になる事をいいます。

 

うつ病との違いは、自己コントロール感があることと、本人や親族のうつ病歴は関係ないことです。

 

 

産後抑うつ状態の問題点

産後うつ ネグレクト

 

産後抑うつ状態になってしまうと、赤ちゃんへの養育態度に影響がでます。

 

産後抑うつ状態では、出産直後から赤ちゃんに対する愛情的な働きかけ、赤ちゃんの泣き声への反応が薄かったとされています。

 

そして出産後1ヶ月から4ヶ月にかけて感情的な応答に乏しいと明らかにされています。

 

それにともなって、赤ちゃんを「育てにくい子供」とし、夜間の授乳回数の減少が見られるようになります。

 

そして4ヶ月から6ヶ月のころには、子供の気質をネガティブにとらえる傾向が見られるようになります。

 

このように、母親の精神的な健康の問題だけではなくて、赤ちゃんの成長に影響を与えてしまうことが最大の問題点なんですね。

 

 

産後抑うつ状態の原因

産後うつ 改善

 

産後の気分が落ち込んでしまう抑うつ状態の原因には2種類あります。

  • 内因的原因
  • 環境的原因

 

内因的原因は、母親の心にある原因で、環境的原因は、生活の中にある原因という意味になります。

 

それではそれぞれ詳しく解説していきます。

 

内因的原因

内因的原因とは、母親本人の自己意識やパーソナリティ(個性)に関連する原因です。

  • 愛着スタイルが関係不安である。
  • 自己コントロール感が少ない。
  • 自尊感情が少ない。

 

愛着スタイルが関係不安

愛着スタイルというのは、特定の相手との間の絆のスタイルのことで、「安定傾向の高い人」「回避傾向の高い人」「否定的な傾向の高い人」の3つのモデルに分類されます。

 

安定傾向の高い人=自分や他者に肯定的で、他者との親密性や信頼感を持ちやすい。

回避傾向の高い人=他者と親密になることを恐れて、距離を取ることを好む。

否定的な傾向の高い人=自分や他人に否定的で、他人との関係が不安定になりやすい。

 

つまり、もともと自分や他人に否定的で他人との関係が不安定になりやすい母親は、出産6週間後の抑うつ度が高いことがわかっています。

 

また、妊娠中の人に対する否定的な傾向が高いほど、出産6ヶ月後の抑うつ度が高いことが報告されています。

 

自己コントロール感が少ない

自己コントロール感を自分で把握している程度のことを「マスタリー」といいますが、マスタリーが低いと抑うつ状態になりやすいです。

 

自己コントロール感というのは、簡単に説明すると、何か困難な状況になった時に、それをうまくコントロールできるかをいいます。

 

妊娠から出産にかけて、初産の場合は特に人的・物理的な環境の変化がありますが、これらに対して自分でコントロールできていると理解してる母親は抑うつ状態になりにくいです。

 

逆に環境の変化がコントロールできていないと自分で思っている母親は、抑うつ状態になりやすいと考えられます。

 

自尊感情が少ない

自尊感情とはそのままの意味ですが、自分には価値があり尊敬されるべき人間であると思える感情で、自己評価ということですね。

 

自尊感情(=自己評価)と産後抑うつ状態は共変関係があると考えられていて、自己評価が高い人は産後抑うつになりにくいとされています。

 

逆に自己評価が低い人は、産後抑うつ状態になりやすい可能性が高いと考えられます。

 

環境的原因

環境的な原因は、妊娠・出産期の母親を取り巻く生活環境の原因のことをさします。

 

環境的な原因には以下のようなものがあります。

  • ストレスが大きい。
  • サポートがない。

 

ストレスが大きい

母親が感じるストレスはたくさんあります。

 

家事や仕事、人間関係、育児などで大きなストレスを感じている母親は、出産1~2ヶ月で抑うつ状態になりやすいと言えます。

 

他には病気や仕事を失ったり大切な人との死別など、人生で大きな出来事が起こった時、心に負担がかかれば産後抑うつ状態になりやすいことが明らかになっています。

 

この中では特に育児のストレスが多く、夜泣きや授乳、子供への接し方などでストレスを抱えてしまうと抑うつ状態になりやすくなります。

 

サポートがない。

これは妊娠・出産期の母親に対して周囲のサポート、社会的なサポートが無い場合は、抑うつ状態になる可能性が高いです。

 

これはサポートの量が母親のストレスに影響するため、抑うつ状態の原因というより、抑うつ状態の原因を少なくできるか増やしてしまうかに影響するといえます。

 

例えば、産後3~4ヶ月の時点で夫からの情緒的なサポート(話を聞いてくれるなど)が最も効果的だったことがわかっています。

 

別の調査では、出産後1ヶ月は夫、出産後4ヶ月は親戚や友人、1年後は家族や親友以外の重要な人物によるサポートが効果的だとされています。

 

この調査でわかることは、出産から期間が経つにつれて母親の行動範囲が拡がるので、そのたびに会える人から広くサポートを獲得することが重要だということです。

 

 

産後抑うつ状態を改善させる方法

産後うつ 治療

 

産後うつ状態なら、心療内科による治療が必要だと考えられますが、産後抑うつ状態なら、改善させる方法はあります。

 

先ほどお伝えしてきた内因的要因と外因的要因が複雑に絡み合って影響しあいますが、母親の内因的要因は無理でも、外因的要因は改善できます。

 

産後抑うつ状態を改善させるためには、ソーシャルサポート、周囲のサポートが必要になってきます。

 

周囲のサポートというのは、話を聞いて一緒に問題を考えてくれる情緒的なサポートのことなので、母親本人にはどうすることもできません。

 

また、出産後すぐは母親の周囲にいる人が限定されているため、特に夫の情緒的サポートが重要になってくるんですね。

 

この文章を読んでくれているのが母親以外の方でしたら、ぜひ積極的に悩みを聞いてあげてほしいです。

 

もしこれを読んでいるのが母親ご本人様でしたら、自分からは言えないことなので、このページを旦那さんに見てもらうなどして理解してもらうといいかもしれません。

 

 

最後に

産後うつ 赤ちゃん

 

産後抑うつ状態は、赤ちゃんの健康に大きな影響を与えることが報告されています。

 

お母さんと赤ちゃんを守るために、話を聞いてあげるだけでママさんのストレス軽減の効果があることが明らかになってますので、ぜひ積極的に悩みを聞いてあげてくださいね。

 

以上、産後抑うつ状態に関してまとめてみました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考:産後抑うつ状態に関する心理学的研究の概観

 

 

 

-心のお悩み
-, ,

Copyright© 産後のお悩みトータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.