バスト 体のお悩み

【産後バストアップ】卒乳後のバストサイズがしぼむ原因と元に戻す方法

投稿日:

卒乳後 胸 しぼむ

 

産後は母乳の出が良くても悪くても、女性ホルモンの影響でバストサイズは必ずといっていいほどアップします。

 

バストサイズが大きい方が嬉しい旦那さんは喜ぶかもしれませんが、問題なのは卒乳後のバストサイズが小さくなってしまうこと…。

 

元のサイズに戻るだけならいいのですが、妊娠前より小さくなることが多く、しかもしぼんで胸の位置も垂れてしまいます。

 

しかし、芸能人ママさんたちは見事にバストサイズや位置、形を維持しているので、卒乳後もバストを綺麗に戻すことは可能なはずです!

 

今回は卒乳後にバストが劣化する原因と、それを防いで元に戻す方法を解説いたします。

 

卒乳後にバストが変化する原因

女性は妊娠した時から、出産に向けて女性ホルモンの影響で乳腺が発達します。

 

目に見えて胸が張っていくので、(女性ホルモンが働いているなぁ…)と感じることができると思います。

 

この乳腺の発達は出産で終了しますが、この時点で2~3カップ以上大きくなっている場合があり、乳腺は活発に活動しています。

 

赤ちゃんが卒乳するまで、この乳腺の活動は続きますが、一方、乳腺脂肪は少しずつ減っていくので、産後1年も経てばバストサイズは元の大きさくらいに戻ります。

 

しかし、発達した乳腺が母乳が止まることにより中身が満たされていないため、乳房全体がしぼんだ風船のようになってしまいます。

 

また、産後のバストアップと赤ちゃんの授乳により胸の皮膚が大きく伸びてしまっているので、伸びきった皮膚が垂れた状態になり、胸の重みで垂れ下がってしまいます。当然、バストトップの位置が下がってしまいます。

 

さらにバストを支えているクーパー靭帯が妊娠で重くなったバストで伸びてしまい、元に戻ることが無いのもバストが垂れる原因です。

 

 

卒乳後にバストが小さくなりやすい人がいる!?

実は、卒乳後の胸のしぼみ方には個人差があり、胸の構造を司っている「ラクトゲン受容体」という細胞によってかわります。

 

ラクトゲン受容体は、成長ホルモンを栄養にしてバストを成長させる情報伝達をする役割を持ち、このラクトゲン受容体が生まれつき多い女性は、胸がしぼみにくい事がわかっています。

 

ラクトゲン受容体が多い女性は、胸が成長する段階で乳腺の数が多くなり、乳腺が多くの脂肪を保持するため、いわゆる美乳と呼ばれるような、大きさ・弾力・ハリの良い美しいバストを持っています。

 

逆にラクトゲン受容体が少ない場合は、乳腺が少なくなり、その分、脂肪が多くなり、乳腺で保持できない自由に動き回る脂肪なので、卒乳後に垂れたり萎んだりしやすいバストになります。

 

つまり、生まれつき乳腺の数が多い女性の方が、美しいバストを持つことができて、卒乳後もしぼみにくいということですね。

 

 

卒乳後の胸の垂れを防ぐには

産後のバストアップ方法については、また別の機会に詳しく取り上げたいと思っていますが、卒乳後に胸が垂れるのを防ぐには、筋トレやバストマサージが中心になります。

 

先ほどお伝えしたように、乳腺の数は多いほうがいいのですが、生まれつきで増やすことができませんので、大胸筋を鍛えることで胸の垂れを防止することはできます。

 

おっぱいヨガといった簡単な運動がおすすめです。

 

【動画】おっぱいヨガ

 

美容専門家によるバストマッサージも効果的で、専門のエステサロンの他、自宅でできる方法を教えてくれるDVDなども販売されています。

 

【動画】バストマッサージ

この動画のDVDはこちら
 

他には、バストアップ専用のサプリメントやマッサージクリームがありますが、これは効果があるのか検証しないとご紹介できませんので、あらためて詳しく検証したいと思っています。

 

 

まとめ:卒乳後に向けて備えましょう!

大切なのは、卒乳後に向けておっぱいヨガやバストマッサージで胸の周りを鍛えて形を整えて置くことです。

 

授乳中は大きいのでわかりませんが、卒乳すると一気にしぼみますので、しぼんでから元に戻すのはすごく大変です。

 

授乳中から鍛えておけば、卒乳しても垂れたりしぼむ度合いが少なくて済みますので、戻すのも楽になります。

 

赤ちゃんを見ながらで大変だとは思いますが、旦那さんに手伝ってもらってがんばってくださいねw

-バスト, 体のお悩み
-, ,

Copyright© 産後のお悩みトータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.