保活 生活のお悩み

保活はいつから?産後ママの保育園に入るためのスケジュール

投稿日:

保活 いつから

 

育休中の産後ママにとって、保育園を探すための「保活」は本当に悩みの種ですよね…。

 

といっても、大阪の地方に住んでいる私にとっては、特に苦労することもなく簡単に保育園に入ることができたので、地方の格差が凄いんだと思います。

 

都市部ではきっと保育園が少ないのに働きたいママが多いため、保育園に入るのも狭き門になっています。

 

昨年、「保育園落ちた日本死ね」なんていう本当に恥ずかしい言葉が流行語大賞に選ばれ、それを野党議員がプロパガンダに利用するという情けない状況でした。

 

みなさんはそんな人達と一緒にされたくないと思いますが、それでも都市部では大変な状況には変わらないと思います。

 

 保活はいつから始めればいい?

保活をいつから始めればいいのかですが、対象児童が多いのに保育園が少ない地域では、保活も早めに始めないといけません。

 

保育園が入園を受け付けているのは随時、一年中ではありますが、もちろん大規模な受付を行うのは4月になります。

 

認可保育園を狙う場合は、前年の秋、10月ころから書類を配布する保育園が多いので、いつごろ受付が始まるのかは夏頃から問い合わせをしておきたいですね。

 

受付の締切は11月~12月頃なので、受付期間は思ってるより短いです。

 

入園ができるのか決定し通知が来るのが、2月頃になりますので、もし落ちている場合は、そこからまた探さないといけないので大変ですよね…。

 

 

0歳児の入園できる確率は?

0歳児が入園する為の確率ですが、一応、1歳児以上に比べると入りやすいようになっているみたいです。

 

というのも、0歳児は新規募集なので欠員や増員の募集がある1歳児以上より競争率が低くなっています。

 

0歳児の方が競争率が低いために、仕事復帰を早めて入園を狙う方法を使うママさんも多くいます。

 

ゆっくりと育休をとって赤ちゃんと向き合いたいのはわかりますが、確実に入園を狙うなら、生まれた月にもよりますが、0歳児募集を狙うのもいいかもしれませんね。

 

 

早生まれは損をする?

保育園の募集が4月なので、4月、5月生まれならその年の10月頃の申込みなので余裕があります。

 

しかし1月頃の早生まれなら、4月入園はほとんど育休を取ること無く復職になりますので、ママにとっても赤ちゃんにとってもつらい状態になってしまいます。

 

また、早生まれで0歳児入園は許可していない自治体もありますので、事前に確認をする必要があります。

 

もちろん、4月の時点で狙っている保育園が受け入れできる月齢に達していない場合も、申し込む事ができません。

 

その場合は、翌年の4月になり1歳児入園になりますので、認可保育園に入るのは狭き門になってしまいます。

 

 

認可保育園以外は?

認可保育園以外でしたら、妊娠中からでも予約できる保育園がたくさんあります。

 

もちろん、認可保育園が募集する4月に近づくほど埋まっていきますので、早めに申し込んでおく方がいいです。

 

もし早生まれで認可保育園に入るのが難しい場合は、まず認可外に入園して復職し、その後認可保育園への転入を狙いましょう。

 

認可外保育園に子供を預けていれば、入園申請で加点がもらえて優先順位が上がります。

 

 

まとめ:情報収集はまめに!

住んでいる場所によって保育園の待機児童問題は、かなり差があると言っていいです。

 

私のように大阪でも地方なら全然余裕で認可保育園に入園できましたが、その場合もやっぱりママ友たちとの情報交換でかなり安心できました。

 

それぞれの地方で情報収集をこまめにしながら、早めに動くことで認可保育園に入りやすくなると思います。

 

同じ年代のママ友がいなくても、職場などで小中学生のお子さんがいる先輩がいれば、年代は変わっても地方での事情は変わっていない事が多いので、どうだったか聞いてみるといいかも!

 

最近はTwitterなどのSNSで、#保育園に入りたい とタグをつけて情報交換をしているらしいですよ♪

 

日本死ね!よりはよっぽど建設的ですよねw(*^_^*)

-保活, 生活のお悩み
-, ,

Copyright© 産後のお悩みトータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.