妊娠線 肌のお悩み

出産後に妊娠線を消す方法~妊娠線の予防に失敗したママへ…

投稿日:

色素沈着 消すクリーム

 

出産後の体の悩みで多いのが、やはり妊娠線(ストレッチマーク)です。

 

大きな悩みだけに、妊娠中から妊娠線ができないように予防しているママさんが多いですが、それでも完全に防ぐことは難しいです。

 

妊娠線は最初は赤紫色のようにはっきりと浮き上がるのですごくショックを受けますが、出産後は白色に色素が抜けたような跡になります。

 

これはこれでとても目立つので、消したいと望むママさんが多いですが、実はそんな簡単ではないようです。

 

今回は、そんな妊娠線について詳しく解説し、妊娠線を消す方法をお伝えしたいと思います。

 

妊娠線の発生するメカニズム

産後 妊娠線 消す

 

妊娠中はホルモンの分泌が活発になり、体に大きな変化が起こります。

 

妊娠中に活発に分泌される糖質コルチコイドには、肌のターンオーバーを抑制し肌の弾力をなくしてしまう働きがあります。

 

ですから妊娠中は肌が再生しにくくコラーゲンの生成も抑制されます。つまり肌が断裂しやすい状態ということですね。

 

この状態で、赤ちゃんが子宮内で成長しお腹が膨らむにつれて、皮膚が急激に伸びてしまいます。

 

肌が弾力を失っているといっても、表皮はまだ伸縮性があるため、ある程度は一緒に伸びることができるので、問題はありません。

 

しかし、表皮の下層である真皮やコラーゲン、エラスチンなどは急激な伸びに対応できずに断裂してしまうんです。

 

そして断裂が起きた部分に赤紫色の妊娠線が現れてしまいます。

 

妊娠線の予防には、各製薬会社が製造している妊娠線防止クリームが市販されていて、それらの有効性は開発中の実験で確認されています。

 

しかし、使用していても予防できる程度には個人差があり、妊娠線すべてを予防するのは難しい場合があるようです。

 

 

妊娠線の予防に失敗したら…

妊娠線 予防失敗

 

妊娠線ができてしまった場合、真皮が断裂してしまっていますので、消すためには何らかの方法で断裂した真皮に働きかけて修復するしかありません。

 

真皮を修復するためには、クリームなどで経皮的に有効成分を使用したり、断裂した部分にレーザーなどで刺激を与え、再生を促すなど、様々な方法があります。

 

つまり、妊娠線を消すためには、すでに美容皮膚科の領域になってしまうということですね。

 

 

妊娠線を消す方法

それでは妊娠線を消すための方法を一つずつ解説します。

 

それぞれメリット・デメリットがありますので、もしできてしまった妊娠線を消したいと思うママさんは参考にしてくださいね。

 

妊娠線予防クリーム

妊娠線予防クリームには、断裂した真皮に対して、傷の回復を促進する効果を持つアラントインが配合されているものがあります。

 

このアラントインができてしまった妊娠線を回復する作用が期待できますが、クリームを塗って経皮的に成分を届けるので、劇的な効果は期待できないかもしれません。

 

継続的に塗ることでゆっくり効果が現れるのでは無いかと思いますので、時間はかなりかかってしまうかもしれませんね。

 

トラネキサム酸配合クリーム

できてしまった妊娠線にトラネキサム酸(トレチノイン)が効くという論文があるようです。

 

探してみましたが見つかりませんでしたので、たぶん英文の論文だと思いますが、皮膚科の先生でこの論文を研究されている方がいるようです。

 

トラネキサム酸は、顔のシミである肝斑に効果があるので、色素沈着を消すのに美容皮膚科でイオン導入の有効成分として使用されます。

 

ですから、色素沈着に対しては効果が確認されていますので、産後の全身の色素沈着治療と一緒に、妊娠線にトラネキサム酸を使用すると一石二鳥ですね。

 

通常の色素沈着に対しては、トラネキサム酸を2~3ヶ月塗布すれば綺麗に消えると言われています。

 

ダーマローラー

ダーマローラーは、手で転がすローラーに極微細な針が無数についている美容器具のことです。

 

本来は顔に使用し、針が皮膚奥まで刺さり傷つけることで肌の再生を促し、色素沈着やニキビ跡などに効果があります。

 

この時有効成分を使うことで肌の奥まで浸透させることもできます。

 

このダーマローラーをお腹の妊娠線に使用することで、真皮の断裂部分の再生を促して妊娠線を消すことが可能になります。

 

ダーマローラーは医療用以外にも市販で購入することができますが、ダーマローラーの針の長さが0.5mm以上のものは医療用です。

 

0.3mm以上の長さなら真皮に届き、コラーゲンの再生を促すことができますので、使用するなら0.3mm以上がいいですね。

 

フラクショナルCO2レーザー

フラクショナルCO2レーザーは特別な器械を使って、極細なレーザーを均一に肌に当てることで、皮膚の細胞を筒状に真皮まで蒸散させてしまいます。

 

これも普通は顔の肌に使われる方法で、真皮でコラーゲンの再生が促され、色素沈着やニキビ跡の治療、肌のハリを取り戻すことができます。

 

紹介した中では1番効果が期待できる方法ですが、デメリットは他の方法に比べるとやはり治療費が高額になってしまうことですね。

 

 

どの治療法がおすすめ?

産後 妊娠線 消し方

 

娠中に妊娠線予防クリームを使っていてまだ残っている場合は、まずは残っているクリームを妊娠線に塗ることで一定の効果は期待できます。

 

また、妊娠中に出た体中の色素沈着、乳首の黒ずみやデリケートゾーン、正中線やワキの色素沈着を消したいなら、トラネキサム酸クリームで妊娠線も一緒に治療できますのでおすすめですね。

 

ダーマローラーとフラクショナルレーザーになると、これは一度、美容外科クリニック(美容皮膚科)に相談した方がいいです。

 

部分や範囲で料金が変わってきますので、近くの美容外科クリニックでまずは相談し見積もりしてもらってから決めた方がいいですよ。

 

 

最後に

妊娠線は色素沈着ではなく、真皮が断裂した部分が傷跡として見えてしまっています。

 

ですから真皮まで届く治療が必要になってきますので、自宅でできる治療が限られてくるのが難しいところですよね。

 

だからこそ妊娠線の予防が大切なんですが、今は真皮まで届き効果が期待できるクリームが開発され、乳首など他の治療が難しい部分には、結果が求められる美容外科クリニックでもクリームで治療します。

 

大切なのは有効成分がきっちり配合されているクリームを選ぶことで、口コミ感想よりは有効成分を見て決めたほうがいいですね。

 

結論

自宅で妊娠線を消すなら『アラントイン』か『トラネキサム酸(トランサミン)』配合のクリーム

 

以上、出産後に妊娠線を消す方法をご紹介しました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-妊娠線, 肌のお悩み
-, ,

Copyright© 産後のお悩みトータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.