肌のお悩み 色素沈着(黒ずみ)

出産後のおへそ色素沈着を消す方法

投稿日:

出産後におへその周りがこげ茶色というか、黒く色素沈着を起こしてしまいます。

 

このお腹の正中線の黒ずみは期間が経つごとに薄くなっていき、自然に消滅してしまいます。

しかし他の部分の色素沈着と同様に、肌のターンオーバーを繰り返して最終的に消えるので、1年ほどかかってしまうのはしかたありません。

 

おへそ周りが黒くなる理由

産後 色素沈着

妊娠中に増える女性ホルモン、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)はメラノサイトを刺激してメラニン色素をたくさん産生してしまいます。

 

その影響で、体中のいたるところに色素沈着が起きますが、お腹の正中線周りも色素沈着しやすい部分です。

 

つまり妊娠でおへそ周りが黒くなるのは仕方ない無いことなので、自然に消えるのを待つかクリームなどで働きかけて早く消すかの選択になります。

 

妊娠線とは関係ない?

妊娠線は皮膚が引っ張られて皮下組織が断裂してできた亀裂なので、メラニン色素の沈着とはまったく関係がありません。

 

妊娠線はお腹が大きくなって急激に皮が伸びてしまうことで、皮膚の真皮にあるコラーゲンやエラスチンが変化してしまいできます。

 

最初は赤紫色ですごくクッキリとでてショックを受けるママさんが多いですが、時間が経てば色素が抜けたような白色に変化して残ります。

 

治療法については、妊娠線対策を別記事で詳しく解説していますのでそちらをご参照ください。

 

 

おへその黒ずみを早く消す方法

産後 おへそ 色素沈着

 

おへその周りの黒ずみ色素沈着も、乳首やワキ、デリケートゾーンと同様にホルモンバランスの変化にともなうメラニン色素の増加が原因でした。

 

自然に薄まるとは言え1年以上の期間がかかるので、どうしても早く消したいママさんもいらっしゃると思います。

 

その場合は、他の色素沈着と同様に治療を行うことができますが、主にハイドロキノントレチノインといった成分のクリームが有効です。

 

クリームだとおへその周りと同様に黒ずんでいる乳首やワキ、デリケートゾーンと一緒にケアすることができるので、全身の色素沈着を消すという気持ちでクリームを購入すればいいと思います。

 

レーザー治療で消すこともできますが、妊娠による黒ずみは他の部分にも起こっていますので、レーザー治療だと別部位は別料金になってしまいます。

 

その観点からも、色素沈着用クリームなら全身全てに使えるので、ママさんの黒ずみ治療には使いやすいです。

 

 

まとめ

産後 色素沈着 消す方法

出産後の正中線、おへその周りの黒ずみは放っておいても自然に消えるのでそれほど心配はしなくて大丈夫です。

 

それよりも問題なのは妊娠線の方で、皮下で断裂してしまった跡なので、色素沈着と違い消すのは大変です。

 

確実なのは美容皮膚科でのレーザー治療になりますが、自宅で消す方法もありますので、妊娠線のついでに正中線の黒ずみも消す感覚でいいのかなと思います。

 

妊娠線については別記事で詳しく解説していますので、よかったら読んでみてくださいね。

 

結論

  • おへその黒ずみは1年くらいで自然に消えます。
  • それよりも問題なのは妊娠線の方で消しにくい。
  • 早く消したいなら妊娠線を消すついでくらいの感覚でOK!

 

以上、おへそ周りの黒ずみ色素沈着について解説しました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。(*^_^*)

 

 

 

-肌のお悩み, 色素沈着(黒ずみ)
-, ,

Copyright© 産後のお悩みトータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.