夜の営み 心のお悩み

産後にセックスレスになってしまったら…統計から見る原因と解決方法

投稿日:

産後 セックスレス

(出産後に夫婦の夜の生活が少なくなった…。)

(赤ちゃんが産まれてからまだセックスをしていない…。)

 

赤ちゃんが産まれてからセックスの回数が極端に減ったり、まったく無くなったと悩んでいる夫婦が多いようです。

 

これは一般的なことなのか、それとも自分たち夫婦だけの特殊な問題なのかと、パートナーとの気持ちのすれ違いに不安になっていることでしょう。

 

だって、こんなことはあまり他人に相談できる事柄じゃありませんからね。(^_^;)

 

そこで今回は、産後にセックスレスになる夫婦の統計と原因、そして解消方法をご紹介したいと思います。

 

セックスレスになる統計

まず初めての出産の後にセックスしたのがいつ頃かという統計。

まず日本ではなくオーストラリアの統計ですが、マードック小児研究所の准教授Stephanie Brownさんの報告では、初出産のママさん1500人から統計を取っています。

産後6週間以内が41%

産後6週間~8週間が24%

産後8週間~12週間が13%

産後6ヶ月以内が94%でした。

つまり全体の約4割が産後6週間以内にセックスを開始しているということで、約8割の方が12週間以内、約3ヶ月以内にセックスを開始しています。

 

これを考えると、出産後にセックスの許可がでるのが4週間~6週間頃なので、許可がでてすぐにセックスする夫婦が約4割で、3ヶ月たってもセックスしない夫婦が約2割もいらっしゃるということです。

 

日本の場合は、ある統計ではこんな結果が出ています。

1ヶ月以内7%
1ヶ月~2ヶ月52%
2ヶ月~3ヶ月21%
3ヶ月~4ヶ月4%
4ヶ月~6ヶ月6%
まだしていない10%

日本の場合は許可がでてすぐか2ヶ月以内にセックスする夫婦が59%の約6割3ヶ月を過ぎてもエッチしない夫婦は20%の2割もいらっしゃいました。

 

この統計から、5組に1組の割合で、3ヶ月を過ぎてもセックスを始めない夫婦がいるということですので、その頃にセックスレスになった…と感じているなら、まだ焦る必要はないのかもしれませんね。

 

問題なのは6ヶ月以上すぎても相手の求めに応じずにセックスレスになっている夫婦で、これは夫婦間での心のすれ違いがある可能性があります。

 

 

セックスレスが続くとどうなる?

夫婦間で両方共が同意の上でセックスレスというのは、それで仲睦まじい夫婦ならまったく問題がありません。

 

問題なのは、一方が求めているにもかかわらず拒否してセックスレスになっている夫婦です。

 

もちろん、応じる義務があるわけではありませんが、理由もなく拒否し続ければ、海外ではセックスレスが離婚の理由として認められている場合もあります。

 

日本の法律でも、理由なく1年ほど拒否し続ければ離婚が認められるようです。

 

つまり性交渉という行為であっても、夫婦でお互いに歩み寄る必要があるということで、それが見られない場合は法律上問題があるといえるかもしれません。

 

 

なぜ男と女で性欲に差が出るの?

性欲は年齢とともに落ちるものですが、男性の場合、年をとっても誰が相手でも毎日でもセックスをしたいという男性がいます。

 

それに赤ちゃんができた瞬間に、お互い様ですが自分のパートナーから子供の親という立場になり、セックスの対象から外れてしまう場合もあります。

 

それに比べて女性の場合は、妊娠中に増えた女性ホルモンが産後に一気に減って、エッチに関する感覚が鈍くなったり性欲が減ってしまいます。

 

さらに出産で膣が傷ついていたり骨盤の痛みなど、そんな気分になれない理由がたくさんあります。

 

 

旦那さんがママさんの気持ち無視が最悪…

特に日本では海外に比べると、夫婦間で真剣にエッチへの意見の違いを話し合うことが少ないようです。

 

海外では、お互いの要求を話し合って折り合いをつけ、刺激が少なくなればあの手この手で性的興奮を盛り上げてセックスを楽しんでいるようです。

 

一方、日本では旦那さんが一方的になんでさせてくれないんだ…という気持ちを持ち、それを話し合おうとしないので、関係が悪化することがあります。

 

つまりもっと話し合わないといけないってことですよね。(^_^;)

 

 

最後に:もし性的興奮がなくなったら

産後 セックスレス

 

お互いの気持ちを話し合ったとしても、日々の忙しい生活の中でママさんの性的興奮が無くなってしまうことも少なくありません…。

 

その場合は、女性版のバイアグラを使ってみるのもいいかもしれません。

 

女性用バイアグラというのは、海外で販売されているラブグラというお薬で、不感症や性的絶頂に上手く達せない女性のために開発されたものです。

ラブグラ(女性用バイアグラ)の通販サイトはこちら

 

男性がうまく機能しない時にバイアグラを飲むように、女性にも感じて絶頂に達するための薬があるって知っていましたか?

 

ただし、外国の薬なので、購入して使用するのは自己責任になります。

 

大手製薬メーカーの販売ですが、心配な場合は婦人科の先生に相談してから使用するほうがいいと思います。

 

-夜の営み, 心のお悩み
-, ,

Copyright© 産後のお悩みトータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.